1. HOME
  2. Blog
  3. 東和知的財産研究所
  4. 東和知財研究
  5. 東和知財研究 第12巻(2020) 第1号(2020年5月)

東和知的財産研究所

Towa Institute of Intellectual Property

東和知財研究

東和知財研究 第12巻(2020) 第1号(2020年5月)

知財マネジメントに関する論説、論文その他の研究成果を紹介する当研究所の機関誌です。

東和知財研究 第12巻(2020) 第1号 2020年5月発行東和知財研究 第12巻(2020) 第1号 2020年5月発行
目次
企業で役立つ特許15カ条
東和なぎさ国際特許事務所
2
巻頭言
企業活動に不可欠な知的財産活動
津野 孝
4
東和知財研究誌通巻第20号の発刊を迎えて
鈴木公明
6
日本における「知的財産戦略ビジョン」
岡田宏之
8
寄稿論文
米国審査官の“動機付け”を知り有効に活用する策
JoshuaPritchett & Benjamin Hauptman
10
2020年中には実現しそうにない米国特許法第101条の法改正
Jacob L. Mangan
18
失効した特許権を回復するための 新しいUSPTO の規則
R. Burns Israelsen
22
米国特許訴訟に影響を与える最近の判決
Timothy J. Maier & Christopher J. Maier
26
特許ハーモナイゼーション―保護対象、手続きおよび協力関係
George Anthony Smith, Jr.
30
特許制度には相違点よりも 類似点が多い
Stephen Haley
34
審査プロセスの透明性を高めるEUIPOの取組みの一例
Uwe Borchert
36
知財領域において進行中のプロジェクト
Dr. Thomas Schlief
40
ユーロ圏とイタリアでの国際特許の意味
Dr. Anton Pfau & Dr. Stefano Marchini
46
香港の新特許制度の紹介
王 景朝
52
中米の第一段階協定の達成に関する解読
姜 明才
56
2020年、新たに変わる韓国の知的財産制度の概要
康 一宇
62
知的財産の創出・活用及び保護
金 仁漢
66
やはりハーモニー
金 起文
70
台湾特許における民事、行政二元制での裁判に矛盾が生じる可能性
呉 采軒
72
インドの知的財産権に関する立法、行政及び司法の取組みと相互関係
Dr. Rajeshkumar Acharya & Priya Mehta
74
自由論文
プロペラ軸に使用される密封装置の出願動向(2)
杣谷 啓
80
「生産条件」という用語の出自
江原 慶
82
ベンチャー企業における知財戦略
米山 毅
84
「Amazonブランド登録」に見る商標出願の重要性
津野洋明
86
中小企業における知的財産権の役割
平林岳治
88
情報材の国境(その7)
平野 智
92
中間処理の際に思うこと(その9)
坪井健児
96
データで見る特許事情 98
これまで本誌に掲載された論説等一覧(カテゴリー別) 104

Related posts