1. HOME
  2. Blog

東和知的財産研究所

Towa Institute of Intellectual Property

トピックス

東和知財研究 第11巻(2019) 第2号(2019年10月)

知財マネジメントに関する論説、論文その他の研究成果を紹介する当研究所の機関誌です。 東和知財研究 第11巻(2019) 第2号 2019年10月発行 目次 巻頭言 イノベーション創出の潮流の中で 津野 孝 2 グローバル化する経済と知的財産 鈴木公明 6 特許制度の貿易への貢献 岡田宏之 8 寄稿論文 米国国際貿易委員会への知的財産申立手続 George Anthony Smith, Jr. 10 国際特許出願人の留意事項:来るべき米国明細書の精査強化 Jacob L. Mangan 14 米国商標の重要性の高まり Timothy J. Maier & Christopher J. Maier 16 国際特許プールのライセンス Michael K. Mutter 20 貿易と知的財産の関係における国際的基本協定はTRIPS協定である Uwe Borchert 26 貿易戦争と知的財産 Dr. Thomas Schlief 32 欧州の自由貿易―EUにおける特許権消尽の原則e Dr. Anton K. Pfau 38 ドイツとヨーロッパの税関の活動―背景情報と有用なヒント Juergen Feldmeier 40 中米貿易戦争における知的財産問題について 姜 明才 44 韓国特許庁(特許審判院)の不使用商標取消審判の手続きに関するご案内 康 一宇 48 貿易摩擦と知的財産権の保護 金 仁漢 52 貿易と知財にかかわる小さい経験 金 起文 54 オンライン取引及び商標、著作権に対する証拠調査 ? 采軒 56...

東和知財研究

東和知財研究 第11巻(2019) 第1号(2019年4月)

知財マネジメントに関する論説、論文その他の研究成果を紹介する当研究所の機関誌です。 東和知財研究 第11巻(2019) 第1号(2019年4月) 目次 巻頭言 知的財産を巡る国際情勢 津野 孝 2 頻繁な制度改正に基づく外国出願の困難性 鈴木公明 4 外国出願等の支援制度の活用 岡田宏之 6 寄稿論文 米国特許商標庁によるコンピュータ実施発明クレームの拒絶の回避 George Anthony Smith,Jr. 10 仮出願からPCTへ:より強力な特許保護を得るために Trevor Clark 14 この数か月で米国は特許適格性の振り子を明確にプロパテントの方向に振り戻し始めた:Mayo-Alice2ステップテストにおける2Aステップの台頭 Timothy J. Maier, Christopher J. Maier & Stephen G. Kunin 18 日本企業が欧州特許出願を準備する際に考慮すべき事項 Stephen Haley 24 好ましい特許出願の作成 Uwe Borchert 28 EP出願の特殊性 Dr. Thomas Schlief 32 欧州特許出願の優先権主張の有効性 Dr. Anton Pfau 36 国(域)外からの出願が指摘されがちな拒絶理由 Juergen Feldmeier 42 優先権主張を前提とした第一国出願の作成法 経 志強 46 コンピュータープログラム技術方案についての処理基礎―属性の復位及び還元に関する簡単な分析 ? 長明 48 中国は最高裁知財法廷を設立した 柯 珂 52 懲罰的損害賠償等を規定した改正特許法(2019.7.9施行)の概要 康 一宇...

東和知財研究

東和知財研究 第12巻(2020) 第1号(2020年5月)

知財マネジメントに関する論説、論文その他の研究成果を紹介する当研究所の機関誌です。 東和知財研究 第12巻(2020) 第1号 2020年5月発行 目次 企業で役立つ特許15カ条 東和なぎさ国際特許事務所 2 巻頭言 企業活動に不可欠な知的財産活動 津野 孝 4 東和知財研究誌通巻第20号の発刊を迎えて 鈴木公明 6 日本における「知的財産戦略ビジョン」 岡田宏之 8 寄稿論文 米国審査官の“動機付け”を知り有効に活用する策 JoshuaPritchett & Benjamin Hauptman 10 2020年中には実現しそうにない米国特許法第101条の法改正 Jacob L. Mangan 18 失効した特許権を回復するための 新しいUSPTO の規則 R. Burns Israelsen 22 米国特許訴訟に影響を与える最近の判決 Timothy J. Maier & Christopher J. Maier 26 特許ハーモナイゼーション―保護対象、手続きおよび協力関係 George Anthony Smith, Jr. 30 特許制度には相違点よりも 類似点が多い Stephen Haley 34 審査プロセスの透明性を高めるEUIPOの取組みの一例 Uwe Borchert 36 知財領域において進行中のプロジェクト Dr. Thomas Schlief 40 ユーロ圏とイタリアでの国際特許の意味 Dr. Anton Pfau & Dr. Stefano Marchini...

東和知財研究

東和知財研究 第12巻(2020) 第2号(2020年10月)

知財マネジメントに関する論説、論文その他の研究成果を紹介する当研究所の機関誌です。 東和知財研究 第12巻(2020) 第2号 2020年10月発行 目次 企業で役立つ特許15 箇条 2 巻頭言 COVID-19は、変革のチャンス 津野 孝 4 COVID-19 の社会的影響 鈴木 公明 6 実用新案登録制度について 津野 洋明 8 コロナ禍における知財を通じた支援策について 米山 毅 10 寄稿論文 米国の裁判手続におけるパンデミック関連の変更 George Anthony Smith, Jr. 12 USPTO での迅速な審判請求 Jacob L. Mangan 16 COVID-19 パンデミック時の米国内のイノベーション R. Burns Israelsen 20 Covid-19 パンデミック下の知的財産 Stephen Haley 24 知財業界に深刻な影響を及ぼすCOVID19-この状況への対処 Uwe Borchert 28 COVID-19 と特許? 代替的アプローチ Dr. Thomas Schlief 32 ドイツのデジタルヘルスアプリケーションと知財 Dr.Anton Pfau and Dr.Tobias Paintner 38 Covid 19 が知財法を扱うトータルデジタルオフィスに与える影響-Prufer & Partner の自己評価 Juergen Feldmeier 44 中国における薬品強制実施許諾の現状について-COVID-19...

東和知財研究

東和知財研究 第10巻(2018) 第2号 2018年10月発行

知財マネジメントに関する論説、論文その他の研究成果を紹介する当研究所の機関誌です。 東和知財研究 第10巻(2018) 第1号 2018年4月発行 目次 巻頭言 世界に通用する技術大国の 実現に向けて 津野 孝 2 「Society5.0」への対応 鈴木公明 6 ビジネス優位のための知財活動 岡田宏之 8 寄稿論文 新たな米国向け特許明細書の検討 Jacob L. Mangan 10 当事者系レビューにおける特許防衛の早期準備 James Wright 14 知的財産戦略は継続的事業のために進化すべきか? Stephen Haley 16 人工知能(AI)が世界と企業の活動を変える Uwe Borchert 20 ヨーロッパにおけるオプトアウト戦略 Dr. Anton Pfau 26 新技術の進歩による知的財産権の実践の変化と今後の方向性 Juergen Feldmeier 32 貿易摩擦の鍵となる知的財産権摩擦とその解決策 経 志強 38 体制を改善し、知財保護を強化し続けよう 王 景朝 40 ソフトウェア類の出願の技術属性に関する簡単な分析 ? 長明 44 韓国における4次産業革命と特許 康 一宇 48 第4次産業革命による特許庁の役割 金 仁漢 52 制度と政策と企業活動の決め方 金 起文 54 営業秘密法の一部改正施行後の企業における営業秘密の保護について 黄 耀霆 56 シンガポールにおけるFinTech発明のための早期審査 Yvonne Tang...

東和知財研究

東和知財研究 第十巻 第一号

書籍 当研究所の所員が関わる書籍等を紹介しています。 『東和知財研究 第十巻 第一号』 東和なぎさ知的財産研究所 2017-10 ISSN : 1929024004773 ISBN : 978-4-915948-91-6 価格 : 477円+税 2017.4.1 「内外特許出願動向からみたグローバル・シティとしての東京(2)」 東和知財研究, Vol.10, No.1 【PDF】 2017.4.1 「ジョブ理論と知的財産権(その1)」 東和知財研究, Vol.10, No.1 【PDF】 2017.4.1 「中間処理の際に思うこと(その5)」 東和知財研究, Vol.10, No.1 【PDF】

書籍・論文

東和知財研究 第10巻(2018) 第1号 2018年4月発行

知財マネジメントに関する論説、論文その他の研究成果を紹介する当研究所の機関誌です。 東和知財研究 第10巻(2018) 第1号 2018年4月発行 目次 巻頭言 経済成長に寄与する知的財産の利活用 津野 孝 2 特許取得の意義とその活用法 鈴木公明 4 「特許の活用」と「特許制度の活用」 岡田宏之 6 寄稿論文 特許ポートフォリオを持つべき理由 George Anthony Smith,Jr. 8 特許から得られる利益について Jacob L. Mangan 10 パテント・トロールと米国の当事者系レビュー Brooke Groneman 12 ベンチャー企業のビジネスツールとしての特許 Stephen Haley 14 特許取得の重要性 Uwe Borchert 18 ベンチャー企業:知財による飛躍 Dr. Thomas Schlief 22 ドイツ実用新案による保護の強化 Dr. Anton Pfau 24 なぜ特許取得は重要なのか Juergen Feldmeier 28 特許権取得の意義 経 志強 32 中国における商標登録利便化改革の促進 孫 紅暁 34 中国の特許無効審判における優先権について 湯 春龍 36 経営資源としての特許マネジメント 林 靖蓉 40 技術流出と企業の生存、そして国家の競争力 康 一宇 44 企業の成長に応じた特許出願の意味 金...

東和知財研究

東和知財研究 第九巻 第一号・第二号

書籍 当研究所の所員が関わる書籍等を紹介しています。 『東和知財研究 第十巻 第一号』 東和なぎさ知的財産研究所 2017-10 ISSN : 1929024004773 ISBN : 978-4-915948-91-6 価格 : 477円+税 2017.4.1 「内外特許出願動向からみたグローバル・シティとしての東京(2)」 東和知財研究, Vol.10, No.1 【PDF】 2017.4.1 「ジョブ理論と知的財産権(その1)」 東和知財研究, Vol.10, No.1 【PDF】 2017.4.1 「中間処理の際に思うこと(その5)」 東和知財研究, Vol.10, No.1 【PDF】

書籍・論文

懸賞論文 2016

当研究所では、高度知的財産マネジメントに資する理論と実践に係る研究を推進することを目的に、毎年、懸賞論文を募集しています。 第8回 東和なぎさ知的財産研究所懸賞論文 終了しました 結果発表   応募期間:平成28年5月1日~6月30日

懸賞論文

東和知財研究 第八巻 第一号・第二号

書籍 当研究所の所員が関わる書籍等を紹介しています。   東和知財研究 第八巻 第二号 東和なぎさ知的財産研究所 2016-10 ISSN : 1884-6688 ISBN : 978-4-915948-87-9 価格 : 477円+税 東和知財研究 第八巻 第一号 東和なぎさ知的財産研究所 2016-03 ISSN : 1884-6688 ISBN : 978-4-915948-80-0 価格 : 477円+税 論文 当研究所の所員が関わる論文等を紹介しています。 2016.11.15 「意匠審査基準・創作非容易性の検討(1)」 特技懇, No.283 【PDF】 2016.10.1 「中間処理の際に思うこと(その2)」 東和知財研究, Vol.8, No.2 【PDF(0.56M)】 2016.10.1 「特許明細書における「冗長性」の是非」 東和知財研究, Vol.8, No.2 【PDF(0.71M)】 2016.10.1 「大学移転における好ましいストーリー」 東和知財研究, Vol.8, No.2 【PDF(0.96M)】 2016.10.1 「雇用動態にみる日本の知財業界動向」 東和知財研究, Vol.8, No.2 【PDF(0.65M)】 2016.9.15 「国際デザイン賞受賞の経済的意義(2)」 特技懇, No.282 【PDF】 2016.5.13 「国際デザイン賞受賞の経済的意義(1)」 特技懇, No.281 【PDF】 2016.3.31 「中間処理の際に思うこと(その1)」 東和知財研究, Vol.8, No.1 【PDF(0.24M)】 2016.3.31 「特許翻訳における翻訳ソフトの利用可能性」 東和知財研究, Vol.8, No.1 【PDF(0.25M)】 2016.3.31 「模倣と創造性」 東和知財研究, Vol.8, No.1 【PDF(0.36M)】...

書籍・論文

  • 1
  • 2